JAのご案内

ごあいさつ

JAあわじ島 代表理事組合長 森 紘一

代表理事組合長
森 紘一

拝啓 日頃より組合員の皆さまには農協運営に対するご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

令和元年度は元号が「平成」から「令和」に改まった年であり、当組合が発足して30周年を迎える記念すべき年でありました。

販売関連では天候に恵まれ、主要5品目の作柄は豊作傾向となりました。特にたまねぎについては、生産者のご努力により「べと病」も最低限に抑えることができ増収となりましたが、反面、生産量の増加と輸入農作物の拡大等により販売に苦戦を強いられました。また、共同撰果にともない排出される残渣処理に費用がかさみ、特産事業の純利益が計画より大幅に下回る結果となりました。野菜の残渣処理については当組合の重要な課題であり、早期に処理体制を確立して参ります。畜産関連では繁殖和牛の市場価格が平成30年度に過去最高価格となりましたが、新型コロナウイルス感染拡大によるインバウンド消費の減少により和子牛価格が下落しました。

経済関連の支援策としては、たまねぎの増反意欲をお持ちで増反された生産者の方への助成を、レタスの品質向上対策としてキルパー剤購入助成を実施させていただきました。

信用事業では、農業融資への利子・保証料の助成を引き続き行いました。また、相続・贈与などの相談業務を定期的に実施し、将来への資産形成へ向けた提案などをさせていただきました。共済事業では、保障系、生存系商品の提案を積極的に行うことで、多くのお客様にご契約をいただきました。

新型コロナウイルス拡大による経済への影響は計り知れず、長期化する日銀のゼロ金利政策の影響もあり、農協本業の事業利益の低下は避けられない状況です。今後、更なる経営基盤の強化が早急な課題であり、次の世代へ繋げる生産基盤の強化にも取り組まなければなりません。

既に工事を開始しております新本所会館は、令和3年の初夏にオープンの予定です。この新しい本所を軸に、今回ご提示させていただきます「組織再編計画書」に基づき、組織再編を力強く進めて行くことで農協改革を実践して参ります。



経営理念

JAあわじ島 経営理念 図1
JAあわじ島 経営理念 図2


役員一覧

役職名 氏名 常勤・非常勤
代表理事組合長 森 紘一 常勤
代表理事副組合長 村本 任 常勤
常務理事 眞野 和典 常勤
常務理事 川本 啓二 常勤
総務金融委員長 榎本 繁秋 非常勤
総務金融副委員長 林 政弘 非常勤
総務金融委員 道上 延彦 非常勤
総務金融委員 原 由美 非常勤
総務金融委員 松本 昇 非常勤
総務金融委員 原口 和幸 非常勤
経済委員長 山野 均 非常勤
経済副委員長 富山 勝己 非常勤
経済委員 服部 祐治 非常勤
経済委員 馬野 均 非常勤
経済委員 齊藤 勝治 非常勤
経済委員 白川 純子 非常勤
経済委員 阿部 千晃 非常勤
経済委員 福田 昌宏 非常勤
代表監事 西條 眞守 非常勤
監事 三原 健作 非常勤
常勤監事 坂部 信行 常勤
員外監事 高川 欣士 非常勤

平成30年6月28日より

定款


自己資本比率


JAあわじ島 ディスクロージャー誌


ページの一番上へ